本ページはアフィリエイト広告を利用しています

風俗でも重宝する!クンニで女の子を悦ばせよう!

風俗テクニック

クンニしてますか?
女性器を口で愛撫するクンニは定番のプレイとなっています。
しかし、苦手な人も多いのではないでしょうか?

いまいちどこを責めていいかわからない。
相手の反応が少なくて気後れしてしまう。

そう感じている人もいるでしょう。
そこで、本記事ではクンニの正しいやり方をご紹介します。

女性器の構造を知ろう

クンニを上手に行うためには、女性器の構造を知らなければいけません。
構造を知らずに無暗に責めても、女の子は気持ち良くありません。

水の森美容外科HPより

女性器は上図のような構成になっています。
ちなみに、wikipediaで「外陰部」を見ると、リアルな画像があります。

クンニにおいて、特に覚えておきたいのは、大陰唇、小陰唇、クリトリスです。
クリトリスだけ責めればいいんじゃないの?と思っている人もいますが、いきなり責めるより焦らすようにした方が効果的なので、他の部位も覚えておく必要があるのです。

大陰唇は、割れ目の両サイドにあるぷっくりとした部分です。
小陰唇は、いわゆるビラビラの部分です。
クリトリスは、もっとも重要で感じやすい部分です。責めの中心となります。

初心者が知るべきクンニのポイント

焦らすように責める

最も感じやすい部分だからといって、いきなりクリトリスを責めるのはよくありません。
もっと言うと、クンニから責めるのもよくありません。

クンニは女性器を直接責めるものですので、いきなり行うものではありません。
まずは、首元や胸などへの愛撫を行って、気分を盛り立てましょう。

その上で、クンニを行いますが、まずは太ももや足の付け根などから責めましょう。
それから大陰唇、小陰唇、クリトリスと責めていきます。
外側からだんだんと内側に行くイメージです。

舐める・吸う・甘噛み・吐息

クンニはペロペロと舐めるだけではありません。
舐めているだけではマンネリ化しがちです。

責めるバリエーションを増やしましょう。
基本的には、舐める・吸う・甘噛み・吐息の4つを組み合わせると良いでしょう。

「舐める」は、舌を使ってペロペロ舐めます。
舌を器用に動かして、小刻みに震わせたり、つついてみたりと、さまざまな舐め方を行いましょう。

「吸う」は、あくまで優しく吸うようにしましょう。
強く吸うと痛いだけになってしまいます。

「甘噛み」は、歯ではなく、唇で行います。
噛むというよりは、唇で挟む程度と捉えると良いでしょう。

「吐息」は、意外にも使えるものです。
クリトリスやその周辺に向けて息を吹きかけると、思わぬ快感を与えることができます。

唾液をしっかり使う

乾いた唇や舌でクンニすると、女の子に痛みを与える可能性があります。
唇や舌をしっかりと唾液で濡らした上で、クンニするようにしましょう。

唾液が多いと、女の子を傷付けないだけでなく、音によって興奮させることもできます。
フェラされるときを思い返してみてください。
ジュルジュルと音を立てたフェラの方が興奮しますよね。
クンニもそれと同様です。
唾液で音を立てるようにしましょう。

後はひたすら実践あるのみ

クンニのポイントを知ったら、後は実践あるのみです。

・いきなりクリトリスを責めず、外側から責める
・舐めるだけでなく、吸う・甘噛み・吐息を駆使する
・唾液やその音を使う

以上の三点を心掛けながら、クンニしましょう。

責めながらも相手の反応をよく見るようにしましょう。
反応が良くなければ、場所や責め方を変えることを繰り返して、より良いポイントを見つけるようにします。

両手は空いている

慣れてきたら、空いている両手を使いましょう。
太ももやお尻を撫でまわしたり、指入れをするのもいいでしょう。

クンニ中に両手で愛撫をすることで、よりバリエーションを増やせます。
もちろん、女の子に与える快感も増えます。

初心者だとなかなかクンニ以外に手が回らないと思います。
ですので、最初はクンニだけを頑張りましょう。
ある程度練習してコツを掴んだら、両手を使っていきましょう。

風俗で練習しよう

パートナーがいれば練習させてもらえばよいのですが、いない場合は風俗で練習しましょう。

ヘルスやソープでは、クンニさせてもらえることがほとんどです。
その際に「クンニを練習したい」「どうすれば気持ち良いか教えてほしい」と正直に言いましょう。
そうしないと、風俗の女の子は気持ちいいフリをしてしまい、間違ったクンニを覚えてしまいます。
女の子の正直な反応を知るために、練習したい旨をちゃんと伝えましょう。

世の中には、さまざまな風俗があるものです。
その中に、クンニ専門店というのもあります。
とにかくクンニをさせてくれるお店で、射精はセルフか手コキというものです。
残念ながらすすきのにはクンニ専門店はありませんが、出張や旅行先で楽しんでみるのもよいでしょう。

クンニを練習していっぱい責めちゃおう!

正しいクンニについてご紹介しました。

コツを覚えたら練習あるのみです。
パートナーや風俗の女の子にお願いして、たくさんクンニの経験を積みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました