自宅で風俗遊びを楽しめる!デリヘルを自宅に呼ぶメリットと注意点

風俗コラム

寒い時期は外に出なくないものですよね。
風俗で遊びたいものの、外に出るのが億劫になってやめてしまう人もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが自宅デリヘルです。
エッチな女の子が自宅に来て、めくるめくサービスをしてくれるのです。

ただ自宅デリヘルにも注意点があります。どんな家でも簡単にデリヘルを呼べるわけではありません。

本記事では、自宅にデリヘルを呼ぶメリットや注意点をご紹介します。

自宅にデリヘルを呼ぶメリット

ホテル代を節約できる

デリヘルはラブホテル等に呼ぶことが一般的です。
ですので、ホテル代がかかります。

自宅に呼べば、ホテル代が丸々浮くことになります。
数千円のコストをカットできます。

ただし、交通費のことも考えた方が良いでしょう。
例えば、すすきのにあるラブホテルだと交通費無料のことが多いです。
一方、自宅に呼ぶ時は交通費がかかります。
場所によっては、浮いたホテル代=交通費くらいかかることもありますので注意しましょう。

自分の空間で風俗を楽しめる

店舗型風俗やラブホテルといった環境がどうも落ち着かないという人もいるでしょう。

いつも過ごしている自宅であれば、リラックスして風俗遊びを楽しむことができます。
変に緊張することもなく、快楽に身を委ねることができます。

また、プレイを終えて女の子が帰ったら、すぐに休むことができます。
風俗から家に帰る時になんだか虚しくなる人もいるでしょうし、そうした人はそんな気分を味わうことなく眠りに就くこともできます。

自宅デリヘルの注意点

風呂なしの家には呼べない

最近ではあまりないと思いますが、お風呂のない家はデリヘルを呼べません。
お風呂がないと、プレイ前後の洗体ができません。
衛生面、性病予防の観点からお風呂でちゃんと洗体する必要があります。

盲点はガスです。
ガスが止まっていて、お風呂のお湯が出ないなんて事態が考えられます。
そうなると、自宅にデリヘルを呼べません。

お風呂はちゃんと使える状態にしておきましょう。

家族や同居人と鉢合わせする可能性がある

妻や彼女がいない間に自宅デリヘルを楽しもうとする人もいます。
非常に危険な遊び方です。

途中で妻や彼女が帰ってくるかもしれません。
直接的に見つからなくても、香水の残り香、ヘアゴムなどの忘れ物、落ちている長い髪の毛などが見つかって、疑いを持たれてしまうかもしれません。
こういう時の女の勘が鋭いことは多くの人がご存知でしょう。

家族や同居人がいる場合は、大人しくホテルを使いましょう。

とにかく自宅をきれいにする必要がある

汚い家は女の子に嫌がられます。
最悪の場合、派遣を拒否されることもあります。

お風呂、トイレ、ベッド周りといったデリヘル嬢が使う場所は必ずきれいにしておきましょう。

汚い部屋では、女の子がプレイに集中できません。
特にベッドのシーツが汚れていたりすると、まともなプレイにはならないでしょう。
適当に手コキされて終了となるかもしれません。

部屋のニオイも気になるものです。
自分では気付かないかもしれませんが、部屋のニオイがキツイ場合もあります。
ちゃんと換気する、ゴミは放置しない、洗濯物を干したままにしないなど、当たり前のことをしておきましょう。

きれいなシーツやタオルを用意する

自宅をきれいにすることと近いのですが、シーツやタオルなど直接肌が触れるものはきれいなものにしないといけません。

タオルは女の子が持参することも多いのですが、シーツはそうもいきません。

できれば新しいものが好ましいです。
そうでなくても、お客さん用に使っているものにしておいた方が無難でしょう。

基本的に女の子は自宅が恐い

女の子からすれば、知らない男性の部屋にいくわけですから恐いものです。
あなたは自宅でリラックスできますが、女の子は警戒心を持ってしまいます。

警戒心を持った女の子は、プレイもおざなりになってしまう可能性があります。
特に、初めてお店を利用するお客さんは警戒感が強くなりがちです。

いきなり自宅に呼ぶのではなく、何回かお店を利用した方がいいでしょう。
また、複数回遊んだことのある女の子を自宅に呼ぶと、だいぶ警戒心が薄れます。

貴重品の管理をしっかりする

自宅にはさまざまな貴重品があるかと思います。
そうした貴重品が盗まれてしまう可能性があります。

貴重品はカギのかかる引き出しに入れるなど対策をしておきましょう。
また、女の子と一緒に行動するようにしましょう。

人を疑うようで嫌かもしれません。
ただ、こうした対策をしておけば、実際に貴重品を紛失した時、女の子を疑わずに済んで、他の可能性を検討できます。

女の子を疑わないためにも、貴重品の管理はちゃんとしておきましょう。

まとめ

自宅デリヘルを呼ぶメリットと注意点をご紹介しました。
良いことばかりではないではありません。
注意点を踏まえた上で自宅にデリヘルを呼ぶか決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました