一度は吹かせてみたい!風俗で潮吹きさせることは可能なのか?

風俗テクニック

AVではよく見る潮吹き。
絶頂の末にビシャーッと勢いよく潮吹きしていますよね。
男なら一度はあんな風にイカせてみたいものだと思うものです。

そもそも、潮吹きとは何でしょうか?
どうすれば潮吹きさせることができるのでしょうか?
風俗で潮吹きさせることは可能なのでしょうか?

様々な疑問が浮かんでくるかと思います。
そこで本記事では、潮吹きについて解説していきたいと思います。

DUGA DUGA

潮吹きって結局何なの?

まずは、潮吹きとは一体何なのかを知っておきましょう。

潮吹きとは、女性が絶頂(オーガズム)に達する直前、あるいは最中にGスポット等の性感帯を刺激することで、尿道から液体が噴射される現象を指します。

噴射される液体は、医学的には尿と成分が同じと言われています。
しかしながら、尿のようにニオイや色がなく、無色透明、無味無臭なものです。

潮吹きでは、女性は必ずしも快感を得ているとは限りません。
タイミングや快感の度合いは女性によって様々です。
人によってはまったく気持ちが良くないこともあるそうです。

潮吹きさせるための準備

潮吹きさせるには、いくつか条件があります。
男性側のテクニックの面もありますが、女性側で準備してもらうこともあります。
一方的に責めれば潮吹きさせることができる、というわけではありません。

男性側の準備としては以下のようなものがあります。
・爪を整えて、膣内を傷付けにくいようにする。

潮吹きさせる時に限らず、爪はいつも整えておきましょう。
女性の身体は男性と比べて柔らかく傷付きやすいですので、爪を整えておくのはマナーです。

女性側の準備としては以下のようなものがあります。
・心身ともにリラックス状態になる
・大量の水を飲んでおく

リラックスしていないと、なかなか潮吹きまで到達しにくくなります。
また、体内の水分が少ないと潮吹きがしにくいので、たくさん水を飲んでおきましょう。

潮吹きの手順

潮吹きさせるための手順をご紹介しましょう。
上記で紹介した事前準備をした上で始めましょう。

まずは、クリトリスを刺激します。
ゆっくりとやさしくクリトリスを愛撫して、感度を高めていきましょう。
敏感な場所ですので、強く刺激し過ぎないようにしましょう。

膣内が濡れてきたら、Gスポットを刺激します。
Gスポットとは、膣内にある性感帯です。
膣に指を第二関節くらいまで入れてから曲げると、その周辺にあります。
ザラっとした感触があるのですぐわかるかと思います。

Gスポットをトントンと指で刺激し続けましょう。
AVのようにガシガシ腕を動かして手マンするのは痛いだけなのでやめましょう。
さらに舌でクリトリスを刺激するのもよいでしょう。
刺激され続ければ、やがて潮吹きまで達します。

Gスポット責めで難しければ、バイブや電マを使うのもよいでしょう。
バイブや電マを使えば、女の子の身体を傷付けることなく、それでいて強く刺激することができます。

風俗で潮吹きさせることはできるか?

潮吹きがわかったところで、風俗で潮吹きをさせることができるのか気になりますよね。

世の中にはいろいろな風俗があります。
池袋には潮吹き専門店もあります。
~cherry drop~チェリードロップ

では、すすきのはどうかというと、専門店はありません。
風俗情報サイトでは、潮吹きをしやすい女の子が紹介されているくらいです。
そうした女の子であっても、必ずしも潮吹きをするわけではありません。

風俗であっても女の子には事前準備が必要です。
リラックスと水分補給が必要なので、プレイの途中からいきなり責めたところで潮吹きまで達しないことがほとんどです。

潮吹きをさせたいのであれば、プレイ前に女の子に対して「潮吹きさせたい」と告げましょう。
そうしないと、女の子も準備できません。

また、女の子はリラックスする必要があります。
初対面の相手がどんな手マンをするかわからない状況でリラックスはしづらいです。
ですので、何度かお相手してもらっている女の子がいいでしょう。
本指名を重ねて仲良くなった女の子に対して、潮吹きをさせたいとお願いするのが良いでしょう。

まとめ

潮吹きについてご紹介しました。
だれでもいつでも潮吹きをさせることができるわけではなく、事前準備が必要となります。

まずは女性をリラックスさせることができるくらいの人間関係の構築が大切と言えます。
本指名を重ねて、女の子と仲良くなりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました