フリーで入るってどうなの?

風俗コラム

女の子を指名せず、お店におまかせすることをフリーと言います。

指名するか、フリーにするか。
けっこう迷う人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、フリーで入ることのメリット、デメリットをご紹介します。

フリーで入るメリット

お金を節約できる

指名をすると、1000~2000円程度はお金がかかります。
人気の女の子では指名料をさらに高く設定しているお店もあります。

風俗はそれなりのお金を払うことになります。
1000円やそこらのお金でも節約したいと思う人もいるでしょう。
特に、お小遣い制のサラリーマンや、お金のない学生なんかはそう思うことでしょう。

風俗で遊べば遊ぶほど、指名料が積み重なって大きな額となってしまいます。
それを節約できたら、もう一回多く風俗で遊べたかもしれません。

また、指名料を浮かせて、その分、オプションを追加する人もいるでしょう。

待ち時間が少ないことが多い

フリーでは、空いている女の子が優先して割り当てられます。
そのため、待ち時間がほとんどないことが多いです。
仕事の合間に遊ぶ人や、終電が近い人はフリーにすると、すぐに遊ぶことができるでしょう。

女の子が全員空いてない、なんて人気店だと結局待つことになるので注意しましょう。

期待値を下げて遊べる

フリーでは、超人気の女の子が出てくることは少ないです。
言い方が悪いですが、不人気の女の子が出てきます。

それがわかっていると、あまり女の子の容姿等に期待しません。
ハードルがガッツリと下がっていきます。
すると、どんな女の子が来ても、「意外といいじゃん!」と思えるようになるのです。

指名すると、逆にハードルが上がります。
パネマジなんかもありますので、期待していた容姿とは違ってガッカリすることもあります。

フリーで入るデメリット

不人気な女の子が来る確率が高いかも

フリーで来てくれる女の子は、その時間に空いている女の子です。
つまり、指名されていない女の子です。
指名されていないのですから、あまり人気がない可能性が高いです。

見た目があまりよろしくない、サービスが適当など理由はさまざまですが、金額に見合った時間を過ごせなくなる可能性もあります。

巨乳じゃなきゃダメ、細身じゃないと興奮しない、など譲れない条件があるなら指名した方が無難です。

ただ、必ずしも不人気な女の子が来るとは限りません。
お店によっては、新人を優先したり、お茶引き(その日客がゼロ)を防ぐためにいつも人気の女の子を回したり、とにかくやる気がある女の子を出してくれたりすることも少なくありません。

女の子のやる気が下がるかも

フリーと指名では、女の子の実入りが変わります。
指名の方が実入りは良くなります。
フリーだとやる気を下がってしまい、おざなりなサービスになる女の子もいます。

逆に、今後の指名を増やすチャンスだと、頑張る女の子もいます。
ですので、女の子次第かなと思います。

まとめ

フリーのメリットとデメリットをご紹介しました。
それぞれ確認して、どっちがよいか決めるとよいでしょう。

私はよくフリーで入りますが、すすきののお店はフリーでも良い女の子を当ててくれます。
フリーに挑戦するのもいいと思いますよ。
それで気に入ったら次回指名してあげると女の子はとても喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました