本ページはアフィリエイト広告を利用しています

スペンス乳腺って一体何なの?おっぱいのGスポットを責めよう!

風俗テクニック

スペンス乳腺って聞いたことありますか?
AVのタイトルで見たことがあるくらいの人も多いと思います。

実は、スペンス乳腺はおっぱいのGスポットとも呼ばれるほどの性感帯です。
責め方次第ではこれまで以上に快感をあたえることができるのです。

でも、「どこにあるかよくわからないし責め方もわからん」人がほとんどでしょう。

本記事では、スペンス乳腺について、場所や責め方をご紹介します。

スペンス乳腺とは

まずスペンス乳腺とは何かを知っておきましょう。

スペンス乳腺とは、おっぱいの中でもリンパが集中している場所になります。
リンパが集中しているために、触られるとゾクッとする快感を得られることができるのです。

最初から気持ちが良いわけではなく、開発されてだんだんと気持ち良くなる場所です。
そのため、開発具合で感じ方も全然違います。

風俗においては、必ずしも女の子がスペンス乳腺が開発されているわけではありません。
ですので、絶対に女の子が感じまくるわけではないです。
しかし、もし開発済みであれば、大いに快感を与えることができます。

すごい女の子だと、スペンス乳腺だけでオーガズムに達することもあります。

スペンス乳腺の場所

スペンス乳腺は、場所を知らない人がほとんどです。
ちゃんと覚えておくと、他の男と一線を画した乳揉みができるようになります。

スペンス乳腺は、すごく簡単に言うと「横乳部分」です。
脇と胸の境目と言っても良いでしょう。

スペンス乳腺の部分は、わりと脂肪が少ない部分で筋肉質でもあります。
おっぱいの柔らかさそのものは味わいにくい場所です。
そのため、この場所をあまり責めてなかった人も多いでしょう。

ちなみに、サイズは関係ありません。
胸が大きかろうと、小さかろうとスペンス乳腺は誰にでもあります。

スペンス乳腺の責め方

スペンス乳腺の場所がわかっても、無暗に揉めばいいわけではありません。

まずはスペンス乳腺を優しく撫でましょう。
乳房の形に添って、指を這わせるようにゆっくりと撫でましょう。
その際、女の子の反応をしっかりと確認しましょう。
同じスペンス乳腺であっても、人によって感じやすい場所、力加減は違います。

女の子の感じやすい場所、力加減がわかったら、その場所を指で集中的に刺激しましょう。
指で撫でたり、優しくつついたり、舌で舐めるのも良いでしょう。

さらには、スペンス乳腺に沿って、親指から人差し指にかけて側面をおっぱいに当てます。
そのまま圧迫したり、軽くゆすったりすると良いです。
胸が大きければ、小指側の側面をスペンス乳腺に当てるのも良いです。
おっぱい全体を揉めるようになるので、揉む側としても興奮度が増します。

以上がスペンス乳腺の責め方になります。
スペンス乳腺を責める時は、まず相手の気持ち良い場所・力加減を見極めます。
それから指先で刺激し、その後範囲を広げて、指の側面を使って責めると良いでしょう。

気を付けたいのは、力加減です。
強く揉めばいいわけではありません。
力を入れ過ぎれば痛みを与えるだけです。
優しく刺激することを心掛けましょう。

スペンス乳腺の人気AV

実際にどのようにスペンス乳腺を刺激するのかは、AVを見てチェックすると良いでしょう。
ただし、AVはあくまでショーですので、強く刺激しているように見せていることも多いです。
責める場所や方法だけを確認して、力加減はちゃんと調整しましょう。

スペンス乳腺開発クリニック 柊紗栄子

スペンス乳腺開発クリニック 望月あやか

感度覚醒!!乳腺オイルマッサージ オッパイの隠れた性感帯を刺激して痙攣鬼イカせ

スペンス乳腺開発クリニック 逢見リカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました