クンニをしようとしたら悪臭!!そんな時はどうしたらいい?

風俗コラム

クンニ大好きな風俗紳士も多いでしょう。
ペロペロチューチューして女の子を喘がせるのは大変興奮するものです。

しかし、いざクンニをしようと女性器に顔を近づけると、エグイ臭いがして「クンニどころじゃない!」なんてこともあるでしょう。

でも、臭いなんて女の子に言えないですよね。
どうしたらよいのでしょうか。

なぜ女性器が臭くなるのか

まずは、なぜ女性器が臭くなるのか知っておきましょう。

基本的には、蒸れたり、汚れが溜まることが臭いの原因です。
蒸れれば雑菌が繁殖して悪臭を放つようになりますし、女性器は複雑な構造をしていて汚れが溜まりやすいので臭いも出やすいのです。

では、洗えばいいじゃん!となりそうなものですが、そう単純でもありません。

膣内を洗いすぎると、自浄作用のある常在菌も洗い流されてしまいます。
その結果、雑菌が繁殖してしまいますし、腹膜炎などの病気の原因となることもあります。
ですので、洗体してもらっているときに、手マンなどをするのはご法度です。

ストレスなどでも常在菌が弱くなってしまうこともあります。
こうなると、洗うといった即時にできるような対策はなく、生活習慣の改善といった対策が必要になります。
また思わぬ病気が潜んでいる可能性もあります。

このように、原因がたくさんあります。
素人に原因の特定は難しいです。
クンニして臭かったからと言って、病気扱いしたり、不潔だと告げたりするようなことはやめましょう。

悪臭を感じたらクンニはしない!

いくらクンニが好きでも、悪臭を感じたらクンニは避けるのが鉄則です。

顔を女性器に近づけてしまったし、クンニをしなかったら女の子を傷付けてしまうと思って、悪臭を我慢してクンニする人もいるでしょう。

たしかに優しい選択ではあるでしょう。
しかし、その場だけの我慢に留まらない可能性があります。

女性器の悪臭はまとわりつきます。
たとえ女性器から顔を離したとしても、鼻や口のあたりに悪臭がまとわりつきます。
しばらく悪臭に襲われるのです。
場合によっては、顔を洗っても鼻の奥に残る悪臭に苦しむことになります。

我慢することはせず、悪臭を感じたらクンニは避けましょう。

まずは手マンで様子見

いきなり女性器に顔を近づけた後にクンニをしなかったら、女の子も「臭いのかも?」と感づいてしまいます。

そうならないために、まず、手だけを女性器に伸ばしましょう。
顔は女の子の胸当りを愛撫しつつ、手を伸ばして手マンをします。

さりげなく手を戻して、指のニオイを確認しましょう。
問題なければクンニをしましょう。
指が臭かったら、クンニは回避です。

この段階であれば、クンニを回避しても自然な流れになります。
元々クンニをしない男性もたくさんいますので、「この人はクンニしないんだ」と思われるだけで済みます。

相手からクンニを求めてきたら

手マンでニオイを確認して、クンニを避けようと決断したとします。
しかし、相手からクンニしてと言われたらどうしたらよいでしょうか。

風俗の場合、こうした状況はあまりないかもしれません。
ただ、彼女だったり、ワンナイトラブの場合は大いにあり得ます。

そうした場合は、言い訳するしかありません。

・乾燥で唇が頻繁に切れていてザラザラになっている。
・唇からよく血が出ていて痛い
・口唇ヘルペスができ始めているから

こうした言い訳をして、なんとか悪臭クンニから逃げましょう。

女性からの求めに対して断りを入れるのは、男としてはなかなか勇気が必要になります。
しかし、悪臭に苦しめられるのはなんとしてでも避けたいものです。
勇気を持って言い訳をしましょう。

まとめ

悪臭クンニの避け方をご紹介しました。

臭い人は本当に臭いです。
ザリガニを入れた水槽の臭いという例えがありますが、本当に同じような臭いがします。

ただ、それを指摘して傷付けるのも避けたいものです。

なんとか自然にクンニを避けて穏便に事を済ませましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました