本ページはアフィリエイト広告を利用しています

キスもクンニも舌次第!舌のトレーニング方法!

風俗筋トレ

風俗遊びは体が資本ですから、体をめちゃくちゃ頑張って鍛えている人も多いでしょう。
分厚い胸板、たくましい二の腕、割れた腹筋、逆三角形を構成する広背筋などに注力して鍛えていることでしょう。

それはもちろん素晴らしいことです。
しかし、風俗遊びでよく使う部位はそこだけではありません。

キスやペッティング、クンニなどでよく使われる舌を忘れていませんか?
舌の大部分は筋肉です。
鍛えないと衰えるばかりです。

特に最近は在宅ワークが増えて、会話量がめっきり減った人もいるのではないでしょうか。
意識的に舌を鍛える必要がありますね。

そこで本記事では、舌のトレーニング方法をご紹介しましょう。

舌の基礎トレーニング「あいうべ体操」

「あいうべ体操」とは、口呼吸から鼻呼吸へ改善するためのトレーニング方法です。
口周りの筋肉と舌を鍛えることができます。
それだけでなく、鼻呼吸になることで口臭を改善する効果もあります。

あいうべ体操のやり方は以下の通りです。

  1. 「あー」と思い切り口を開く
  2. 「いー」と首に筋が張るくらい口を横に広げる
  3. 「うー」と口を強く前に突き出す
  4. 「べー」と舌を下に向かって伸ばす

1~4を1セットとして、1日30セットを目安として毎日続けましょう。

舌全体を鍛える「舌回し体操」

舌回し体操では、舌全体を鍛えていきます。
舌を大きく動かせるようになったり、素早く動かせるようになります。
それだけでなく、小顔効果も見込まれます。

舌トレーニングの方法は以下の通りです。

  1. 舌を歯と唇の間に入れる
  2. 右回りで10回、舌を回す
  3. 左回りで10回、舌を回す

上記を1セットとして、毎日2セットは行うようにしましょう。
ゆっくりと歯の表面をなぞるようにすると良いです。

舌の持久力を上げる「上下運動」「左右運動」

クンニをする時には、わりと長い時間舌を動かしますよね。

普段舌を動かし続けるようにしている人はほとんどいません。
ですので、持久力が足りていないことが多いです。

上下運動と左右運動で、長時間舌を動かすことで持久力を手に入れましょう。

上下運動では、まず口を閉じます。
舌を上の歯ぐき、下の歯ぐきで上下に往復させるだけです。
舌先を使って、上前歯の根元、下前歯の根元を触るイメージです。

左右運動でも同じく口を閉じます。
あとは舌を左右に動かすだけです。
ただ、宙に浮かせて左右に動かすのは難しいと思います。
舌先で上前歯の根元で左右に舐めるようにすると、やりやすいかと思います。

どちらも5分以上続けることを目標としましょう。
負荷が弱いトレーニングですが、長く続けるとかなりきついトレーニングです。

舌の速度を上げる「高速突き出し運動」

舌を細かく速く動かす、という動作は普段全くしないものです。
ですので、いきなりできるものではありません。
舌の速度を上げるにもトレーニングが必要です。

舌を突き出す運動で速度を上げましょう。

  1. 舌を唇で軽く挟む
  2. 1の状態で舌を前に突き出す
  3. 舌を戻して、再び舌を突き出す

2と3をできるだけ早く繰り返しましょう。
100回程度は舌を出し入れしておくと、良いトレーニングとなります。

まとめ

舌のトレーニング方法をご紹介しました。

食事や会話で舌を使っていますが、それだけではなかなか舌を自在に扱うことはできません。
毎日のトレーニングを行うことで、舌が上手に動いて風俗遊びに役立てることができます。

ぜひ本記事を参考にして、舌を徹底的に鍛えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました