ちゃんともらっている?風俗嬢からの名刺

風俗コラム

風俗で遊んだ後に女の子から名刺をもらうことがほとんどです。
風俗遊びをしたことのない初心者や童貞の方には、なんで名刺をもらえるのか、もらった名刺はどうしたらいいのか、よくわからないかもしれません。

そこで本記事では、風俗嬢からもらう名刺について書いていこうと思います。

なんで名刺をくれるの?

風俗では、性的サービスが終わりシャワーを浴びた後に、名刺をもらうことができます。
名刺は、お店・女の子を覚えてもらうために活用されています。

すすきのにはたくさんの風俗店があります。
働いている女の子もたくさんいます。
ちょっと時間が経ってしまうと、どのお店でどの女の子と遊んだか曖昧になってしまいます。

そこで名刺が役立ちます。
名刺があれば、店名、女の子の源氏名が一発でわかります。
お店の電話番号やURLも書いていることが多いので、連絡も取りやすいです。

また、女の子からのメッセージも書かれていることが多いです。
女の子がその場でメッセージを書いてくれます。
サービス中の感想や、指名への感謝が書かれることが一般的です。。

名刺はもらわないとダメなの?

上述したように、風俗でもらう名刺は店名と女の子が一発でわかります。
たしかにわかりやすくて便利なのですが、他の人にも一発でわかってしまいます。
風俗嬢からの名刺は、恋人や妻がいる人には絶対に見つかってはならないものです。

ですので、風俗嬢から「名刺渡してもいいですか?」と聞かれることが多いです。
もし恋人や妻に見つかる危険性があれば、名刺は断っておきましょう。
断ったからと言って、女の子が落ち込むということはありません。女の子も男性側の事情をちゃんと把握しています。

その代り、女の子の名前を確認するなど、ちゃんと覚えるようにしましょう。
女の子は次回の指名につながるかも、と喜ぶでしょう。

なお、名刺をもらったからといって、自分の名刺を渡す必要はありません。
女の子からお客さんへの一方通行で名刺は渡されます。

もらった名刺はどうしたらいいの

一般社会で名刺を交換した時は、名刺バインダーに保管するなど管理します。
風俗遊びでもらった名刺はそこまでの重要性はありません。

備忘のために集めておくも良し、風俗店を出た後でどこかに捨てるも良し。

名刺を捨てるだなんて、と思う人もいるかもしれません。
メッセージを読んで、お店や女の子を記憶できれば十分です。
女の子も捨てられることくらいわかっているので、悲しむこともありません。

多くの女の子は、お店共通の名刺を使っています。
たまにオリジナルの名刺をくれる女の子もいます。
けっこう凝ったデザインだったりするので、そういった名刺はそのまま持っておきたくなりますね。

名刺をもらえなかったんだけど・・・

名刺をもらえなかった場合には、大別して2パターンがあります。

1つ目は、単純に名刺を渡すのを忘れていたというパターンです。
終了間際が慌ただしいとついつい名刺を忘れてしまうものです。
また、風俗勤務の浅い女の子も名刺を忘れがちになってしまいます。

似たようなパターンでは、名刺そのものを忘れた、切らしているという場合もあります。
特にデリヘルだと、途中で補充等がしにくいのでこうしたことも起こり得ます。

2つ目は、名刺を渡したくないというパターンです。
残念ながら、もう指名して欲しくないということです。
体臭や口臭がひどい、プレイが乱暴になっている、暴言を吐くなど、女の子が嫌がることをした場合には、名刺を渡したくはないでしょう。

「名刺欲しいのだけど」と言ったのに、あれこれ理由を付けて名刺をくれなかった場合は、「もう指名しないで」と言っているのと同じだと覚えておきましょう。
それに憤慨するのではなく、自身の体臭や口臭、言動におかしいところがなかったか考えてみるようにしましょう。

まとめ

風俗での名刺についてご紹介しました。
年を取るごとに忘れっぽくなりますので、名刺があるとけっこう便利です。
しかし見つかるリスクも考えておきましょう。

スマホで写真を撮って、名刺は捨ててしまうのが良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました